大西浄中 地紋入唐銅下蕪菁花入 淡々斎御書付

大西浄中 地紋入唐銅下蕪菁花入 淡々斎御書付

9.3㎝径✕26.0㎝高
共箱

お値段等下の問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

この商品について問い合わせる✉

 

大西浄中 (十四代大西清右衛門)


大正から昭和中期の京都三条釜座(かまんざ)の釜師で、大西家の十四代目。
十三代浄長の長男で、幼名は清太郎、名は高道、通称を清右衛門、浄中。
大西浄中は、昭和元年(1926)十四代を襲名。
昭和三十五年(1960)七十三歳で没。