四代真清水蔵六 刷毛目菓子器

四代真清水蔵六 刷毛目菓子器

19.8㎝✕14.5㎝✕7.8㎝高 

お値段等下のお問い合わせフォームよりお尋ねください。

この商品について問い合わせる✉

 


四代真清水蔵六

1933年 三代蔵六の長男として京都市に生れる。
1956年 関西美術学院修了、以後父のもとで作陶に従事。
1971年 四代 蔵六を襲名。
1983年 京都 野村美術館において自選展。
日本陶磁協会 機関紙 「陶説」に
「泥中閑話」を連載(~1986年)。
1987年 金閣寺 落慶法要記念 大茶会香合を謹製。
1989年 唐津にて割竹式登窯(玄々庵)を築窯し、初窯。
初代より青磁、三島、粉引、
刷毛目などの茶陶を幅広く手がける。