杉田祥平 色絵海松画水注

杉田祥平 色絵海松画水注

27.2㎝✕15.1㎝×15.2㎝高

 

お値段等下のお問い合わせフォームよりお尋ねください。

この商品について問い合わせる✉

 

三代 杉田祥平

大正3年   11月15日 京都に生まれる
昭和7年   京都市第二工業学校陶磁器科卒業。同時に父に師事し、作陶に従事。
特に交趾の研究をする。
      国立陶磁器試験場に研究生として入所、研究
昭和25年  5月5日 終戦後、改めて清閑寺旧伯爵家より清閑寺焼を呼称することを認可される。
昭和32年  京都市より芸術保存資格者として認証される
昭和49年 7月 裏千家御家元鵬雲斎宗匠の御書付を戴けるようになる。
昭和52年  京都高島屋に於いて「竹と陶二人展」
昭和53年  徳川美術館の御用命を戴けるようになる。
昭和60年  京都高島屋に於いて「古稀記念展」
       以降毎年各地デパートにて個展