辻村史朗 奥高麗茶碗

径12.1cm×高8.2cm

お値段等下の問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

この商品について問い合わせる✉

 

辻村 史朗(つじむら しろう)1947年(昭和 22)~

1947年 奈良県御所市に、牧畜を家業とする家の4男として生まれる。
1969年 リヤカーの車輪を利用した轆轤を自作し轆轤による作陶を始める。
1970年 奈良県奈良市水間の山中に土地を求め、民家の古材や廃材を使って自らバラックの様な家を建て同時に、自宅近傍に薪窯を築く。
1977年 30歳の時、今までの修行の成果を披露する為、奈良水間の自宅で、初めての個展 1978年 前年の個展の反響に気を強く持ち、大阪三越にて個展を開催し、古美術商の近藤金吾氏の眼に止まり、翌年にも同じ場所で、個展。その後も、東京日本橋三越、松坂屋本店(名古屋)、丸栄(名古屋)、有楽町阪急(東京)、阪急梅田本店(大阪)、その他、たち吉本店(京都)、岩田屋(福岡)各地の画廊で個展を、
多数開催
1981年 兵庫県加西市にある北条羅漢を見て感銘を受け以後羅漢が主要なテーマの一つとなり、絵付けや釘彫りで、作品の表面に施す様になる。
1993年 海外でも人気を博し、ドイツ・フランクフルト・ジャパンアートにて個展を開催。
英国・ウエスト・デュポンにて築窯、作陶を行っています。
1994年 ロンドン・ギャラリー・ベッソンにて個展を開催